どうして「今」ホームページが必要なのか?

制作上の注意点

人目を引く制作のコツ

どうして「今」ホームページが必要なのか?ホームページ制作の際には、ただ中身が充実しているかどうかだけではなく、見た人に何が言いたいのかが伝わるような構成にしなければなりません。どれだけ大切なことや面白いことを書いていたとしても、それらが見に来た人に見つけてもらえなければ意味がないからです。そこで、デザイン重視のホームページ制作ということを考えてみますと、既にたくさん企業やアーティストのホームページがその例として挙げることができます。
トップページから印象的なロゴが浮かび上がったり映像が流れたりすれば、見に来た人は目を惹かれて、まずはその先も見てみようという気持ちになります。
一方、突然文字で埋め尽くされたホームページが目の前に現れたなら、早々に読むのをやめて違うホームページへと興味を移してしまいます。つまり、人目を引いて興味を持ってもらうきっかけとしてデザイン重視のトップページを設置することは有効です。しかし、突然長すぎる映像が流れ出してスキップも出来ない、あるいは音楽が流れ出したと言った場合、閲覧者は興味を持つどころかストレスを感じてしまうことがあります。

デザイン重視と言っても、自分の感性のみに頼っていてはいけないのです。どんな人に見てもらいたいのかによってデザインのコンセプトも違ってきます。ホームページ制作の際には、家に人を招くのと同様に、ホームページを見に来たお客様をもてなす気持ちが大事なのです。次に、ホームページ制作の肝と言えるのがコンテンツです。美しい装飾や写真を使って整然とレイアウトするのもいいですし、たくさんの画像を使ってむしろ賑やかな印象を出して見るのもいい方法です。しかし、いずれにしても何かテーマを設けて統一感を保つことは重要です。どれだけ凝ったホームページでも、所々で違った雰囲気になってしまっては綺麗には見えません。そこで、スタイルシートを用いて複数のページに同じデザインや文字サイズを適用します。そうすることによって、手間を省くとともに統一感のあるホームページ制作が可能になるのです。より手の込んだ方法ではFLASHを使うこともできますが、最近広く普及しているスマートフォンでは対応していないため、ページが表示できないという事態になってしまいます。よって、デザイン重視のホームページ制作の際には何でもかんでも詰め込んでしまって、結局は綺麗に表示されないということが起こらないよう気をつけることが必要です。