どうして「今」ホームページが必要なのか?

制作に必要なラフとは?

制作で必要なのはラフ

どうして「今」ホームページが必要なのか?ホームページ制作をするために必ず必要になってくるのはラフを書くことになります。WEBサイトを作るのでしたらHTML形式のコードなどを編集して作るというイメージが浮かんできそうですが、やはり一番重要になってくるのはサイトを訪れた人が見てもらいやすいサイトとして構築していくことにあります。
HTMLの文字列を入力する作業はホームページ制作では重要なことであり、この作業はコーディングと呼ばれるものですが、実際はコーディングの作業というものはサイトを作成する最後の段階で必要になってくるものであり、この作業がないとブラウザでページを見ることが出来ないですし、サイトを作成する作業としては慣れるのに一番時間のかかる作業あるとも言えます。
しかしコーディングの作業はそれほど手の込んだ作業にする必要はなく、サイト作成の最初の段階で完成形をしっかり作っておけば最後の段階での修正もさほど難しいものにはなりません。これが完成形があいまいな状態で作成をすすめ、コーディングの段階で修正をかけようとすればかなり大がかりな作業になってしまいます。
つまりパソコン上で作業に移る前に、ラフスケッチをしっかり書いてサイトの完成形を定着させることが大切になってきます。これはデザインを決めてしまうということになります。クライアントとよく話し合ってコンセプトを明確にしてサイトを見てもらうターゲットを絞り込みます。これが決まりましたらどのようなデザインでホームページ制作していくのが良いかのイメージがわいてきます。わいてきたイメージをラフに書いてみてデザインの枠組みを決めていくことから始めます。
デザインに関してはクライアントがはっきりとしたイメージを持ってる場合もありますし、ない場合もあります。話し合っていく中でおもなイメージデザインの提案を行い、サイトのデザインを詰めていく方法が後の作業もスムーズに進みます。こうして決まったサイトのデザインを具体的に紙に書いてレイアウトなどを決めていきます。紙に書いておおよそのイメージが決まったら、Photoshopを使ってデザインラフを作っていきます。ホームページ制作で必要な写真やイラスト、文字、ボタン画像などを扱って実際に作り込んでいく予行演習としてはひとつの画像として処理操作が出来るPhotoshopが適しています。おもなカラーの構成はこの時点の操作で決めていると迷ってしまいがちなので、出来れば紙にスケッチした段階で色使いのイメージも決めておいた方が良いでしょう。