どうして「今」ホームページが必要なのか?

ディレクションの意味を知る

ディレクションの役割

どうして「今」ホームページが必要なのか?ホームページ制作と言うのは、インターネット上のウェブページを制作していくことを意味しています。
人はインターネットに接続をすることで様々な情報を得ることが出来ます。
ブラウザと呼ばれるアプリケーションソフトウェアを使う事で、インターネット上にあるウェブページを表示し、情報を得ることが出来るわけです。

ブラウザに表示されている情報と言うのは、綺麗な形で表現が行われていますが、実際にブラウザがインターネットの中ら得ているものはHTMLと呼ばれる記述言語で記載が行われているもので、ブラウザで見ている物とは異なります。
違いは、タグで記述されているという事で、HTMLと呼ばれる記述言語はタグで文章などを囲んで表記していると言う特徴があるのです。

ホームページ制作では、HTMLを記述すると言うコーディング作業が主体となりますが、HTMLを記述すると同時に、カスケードスタイルと呼ばれるデザインを作り上げる必要が有ります。
また、ホームページ制作では制作するウェブページに使う写真やイラストなどを制作する必要が有りますので、一言でホームページ制作と言っても多くの人が1つのウェブページを制作に携わることになるのです。

また、最近のホームページ制作は、デザイン性やユーザビリティだけを重視した手法では顧客満足を得ることは出来ません。
ホームページでもあるウェブページの目的と言うものは、ウェブマーケティングであり、ウェブページに人を集め、そこで商品やサービスを提供し、ビジネスに繋げることが目的となるのです。
そのため、ホームページを作ると同時に、集客性を必要とします。
これは、検索エンジン最適化と呼ばれるSEO対策を講じる必要があり、近年ホームページ制作には必須ともいえる工程が増えているのです。

様々なスタッフを使い、一つのウェブページを制作していく形になりますので、会社の中には司令塔となるディレクションを担当するディレクターが必要になります。
ディレクターは、依頼者でもあるクライアントからの要望をまとめあげ、社内および社外のスタッフを使いウェブページを制作するスケジュールを立てていくのです。

制作には納期となるものが決められます。

納期までの制作期間の中で、スケジュールを管理していくこともディレクターとしての役割になるのです。
入稿から納品までのスケジュール管理、進行状況の把握、制作物の品質管理など、幅広いディレクションを要求されると言う特徴があるのです。